まりぱらおーぐ

主にコンピューター周辺の話を中心に、気ままに書いていきます。

日本のソフトバンク型ブロードバンドは失敗?

日経ITProにこんな記事が掲載されていた。
日本でブロードバンドが今ほど広がったのは,総務省が世界に先立って東西NTTの電話線を他の事業者に貸し出すようにしたこと(アンバンドルと呼んでいる)と,事業者間の激しい競争のたまものだ。価格破壊を起こしたソフトバンクBBADSLサービス「Yahoo! BB」の影響力は大きかった。
この記事においては、英国との比較のようですが、案外、他のことで送れている日本にとって、めずらしく先進国という業界の一つのようです。 そのおかげで、
いまだに“ソフトバンク嫌い”を自認する業界関係者は多いのはこのためだ。
みたいですが。私は、様々な問題はあるにせよ、今のNTT民営化、通信行政の自由化といった方向性は良いと思います。アメリカの自由化と比べても、ヨーロッパ諸国と比べても、すばらしいと思いますが。ベンチャー外資も参入して競争を繰り広げるような状況を携帯電話業界にも期待するのはいけないでしょうか?

Copyright © 2002-2015 まりぱらおーぐ All Rights Reserved.