まりぱらおーぐ

主にコンピューター周辺の話を中心に、気ままに書いていきます。

ひかり電話をハイパーファミリー向けに提供


先日記載した記事についての後報。正式にサービス決定した模様(BroadBandWatchNTT東公式リリースフジサンケイビジネスアイ)。ポイントは、3点。
1.「Bフレッツ」の月額利用料値下げ   現在、税込4,725円→税込4,305円   (ニューファミリー、ハイパーニューファミリー共通) 2. 「Bフレッツ ハイパーファミリータイプ」への品目変更に係わるキャンペーン   工事費は、2月1日から4月30日までに申し込むと、5,828円(税込) 3.「ひかり電話」の戸建住宅向けサービス提供開始   シングルチャネルタイプ 525円(税込)
現在の私の利用料金は、Bフレッツが総額で5,880円(4500円+200円+900円+税金)、固定電話が、確か3級局だったので、1,838円(税込)、ナンバーディスプレイ420円(税込)で、8,138円が基本ベースに通話料が上乗せなんだけれども、全て切り替えた場合、6,200円くらいになるので、約25%程度負担が軽減される計算になります。 VoIP用のルータは、専用のものが指定になるけれども、無償レンタル(集合住宅の場合は、別途473円必要)なのでかなりの格安料金となる模様です。気にしているのは、0570に接続できるかという点で、スカパーを使っていると切替ていいのかどうかというのは、要確認かなぁ。気にしなくていい人は切り替えてしまうほうが正解かも。 フレッツADSLと比較した場合、モアII契約で、5,500円前後(3級局)の料金がかかることを考えると、300円くらいの価格差しかなく、手続きがちょっと面倒なのと工事しないといけないということを除けば、そのメリットは多いと思います。 ADSLの人はこれを機会に切り替えてみるのもいいのでは?BIGLOBEや、Niftyは、キャンペーンもしてることだし。うちは、ひかり電話のエリアに入ったら、ハイパーニューファミリーに切り替えようかねぇ。 ちなみに、私は、さくらインターネット利用者なので、ISPも1,000円弱の料金なので、TEPCOひかりと比較するとほとんど料金変わりません。というか、むしろ安いかも。BIGLOBEとか大手系でも、2,000円前後なのでそれを考えても、私はフレッツをオススメしたいところなんだけれども。 [追記2004/01/28] BroadBandWatchの記事で@niftyがNTTのBフレッツ値下げに一括代行収納をしている料金を変更する模様。
今回の値下げは、NTT東日本Bフレッツ ニューファミリータイプおよびハイパーファミリータイプを対象に2月1日より実施する値下げに伴なうもの。これにより、NTT東日本エリアで@nifty光 with Bフレッツ ホームタイプを利用するユーザーは、現行の5,985円から5,565円へと420円値下げされる。
@niftyニュースリリース。実質@nifty料金は、1,100円ほど。安いですね。3月からは、ひかり電話の申込みも代行するから、煩わしい方は、これでもいいかもしれません。BIGLOBE等、他のISPも追随するかな。 [追記2004/01/31] BroadBandWatchより、BIGLOBEも追随した模様
BIGLOBEは、2月1日より提供を開始する「光パック with フレッツ」について、NTT東日本エリアの「Bフレッツコース ファミリータイプ」「Bフレッツ・ライトコース ファミリータイプ」の利用料金を420円値下げする。新料金はBフレッツコース ファミリータイプが5,880円、Bフレッツ・ライトコース ファミリータイプが5,565円。
予想どおりということで。 Click Here! Click Here!

Copyright © 2002-2015 まりぱらおーぐ All Rights Reserved.