まりぱらおーぐ

主にコンピューター周辺の話を中心に、気ままに書いていきます。

今日から3月

早いもので、もう今日から3月です。最近は、某社の仕事で、渋谷の方まで早朝に通っています。まぁ、いろいろありますが、あたしから言わせれば、意味のない仕事です..。

しばらく平日は、ゲームとかチャットとか顔見せることが少ないかもしれませんがご容赦を。

で、こう「運用」って呼ばれる仕事は、どうしてこんなにも無駄な資料を作ることを生き甲斐にしているのだろうかとつくづく思う次第です。そういった仕事を完全に否定している訳ではないんですが、あたしが担当するものは、常に無駄が多いというか、それなら機械でロジック作ればできるだろとか思うんですよね...。

まぁ、そこの現場でも、他のところと同様、運用監視ツール(たとえば、JP1とか)をしっかり使っていらっしゃるんだけど、あたしから言わせると無駄っぽいんだよね。事例にも載るようなとっても有名なシステムなんですが...。

普通は、夜間ジョブなんか走っていたりしたら、監視とか外部委託してたら普通、携帯の電源入れて放置な筈じゃないですか。何が悲しくて、たくさんの人たちで夜間ジョブをしっかり監視して、1日の処理の終わりを見て、始まりを見て、それも監視ツールで見ているにもかかわらず、わざわざ重複項目の点検までしてる。

あたしには意味がさっぱり理解出来ません^^;;; 多少は、たとえば、システムの起動確認とかね、最低必要なことは認めるんだけど、どうみてもいらない作業が山ほど..。そんな、レポートする作業なんかプログラム作った方が安いだろ(苦笑) ログもさ、なんで管理サーバにまとめて置かないのかあたしには理解不能。そこから、データ抽出してレポート作れば、すごいラクだし能率的なのに...。

たぶん、システム設計の段階で「運用」って概念が完全に欠落していて、そのあたりが考慮されてない設計になってるとしか思えない。おそらく、その運用は最終的に顧客が主体となってやると思うけど、かなり負担は重いと思うが...。

業務フローも全然固まってなくて、仕様書も全然改訂されてない。ドキュメントを整備する余裕もない現場は、ギスギスしていると最近思うので、ここもそんな感じ。

人間でシステムチェックするのは、「ミスがある」という前提に立ってくれないとあたしは出来ないって常にどこの現場でも言ってます。ミスが起こりにくいように資料を作るのが常識ってもんで、ミスしてくださいと言わんばかりの資料にはあきれてしまいました...。聞くこととやることは違うし、情報は共有されてない最悪パターンです...。

そのほかにも、行って早々、もう一人欲しいって、世話になってる常駐先に連絡があったみたい。アテあるって聞かれたけど、そりゃ、所属会社に言えば、一人くらいくれるだろうけど拒否しちゃいました(苦笑) この現場、引っ張ると後々が大変そうで...。しかも抜ける人、そこのけっこうな立場のお方ですよ。代わりなんか簡単に見つからないだろーと思いましたが。

あ、ちなみに、あたしから見ると、そこの現場のお客様は、実はお客様じゃない...まぁ、いわゆる派遣の抜け道の請負というヤツでして、多重受けでもかなりひどい部類かなぁ。伝票通ししかしないクソ会社がバリエーション豊かにいろいろ挟まってます。常識的に考えて、どうみてもおかしいです(苦笑)

この業界、昔にあれほど問題になったのに、全然懲りてない。ま、あたしはいいように利用させて頂いてますが、さすがに勤務報告書をたくさん書くのはきつい(笑)

今回はその営業への貸しと取引実績を作ることと、他の人のテクニックを盗むのが目的なので、別にいんだけど、技術的にはたいしたことなさそう(残念 世界初の事例なのになぁ。タコいなぁ。

Copyright © 2002-2015 まりぱらおーぐ All Rights Reserved.