読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりぱらおーぐ

主にコンピューター周辺の話を中心に、気ままに書いていきます。

響けユーフォニアムイベント

響け!ユーフォニアムとは

『響け!ユーフォニアム』は、武田綾乃による小説。宝島社文庫より刊行されている。 京都アニメーション制作により、アニメ化され、2015年4月より6月まで[14]TOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・テレビ愛知・BS11ほかにて放送された。 また、2016年4月23日にテレビシリーズを振り返る『劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜』が松竹の配給により公開された。 同年10月より12月まで第2期『響け!ユーフォニアム2』が放送された。 (wikipediaより抜粋)

響けユーフォニアムイベント

イベントを見てきたので、ちょっとしたメモを公開。

  • 日時

    • 2017年3月12日(日)
      • 昼の部 開場 14:00/開演 14:30
      • 夜の部 開場 17:30/開演 18:00
  • 会場

    • メルパルクホール (〒105-8582 東京都港区芝公園2-5-20)
  • 出演者

    • 黒沢ともよさん(黄前久美子 役)
    • 朝井彩加さん(加藤葉月 役)
    • 豊田萌絵さん(川島緑輝 役)
    • 安済知佳さん(高坂麗奈 役)
    • 寿 美菜子さん(田中あすか 役)
    • 早見沙織さん(小笠原晴香 役)
    • 茅原実里さん(中世古香織 役)
    • 中村悠一さん(橋本真博 役)
    • 櫻井孝宏さん(滝 昇 役)
    • TRUEさん(オープニング主題歌担当)

演奏曲目

  • サウンドスケープ/true

  • トーク

    • 謎の絆クイズ
  • 朗読劇

    • 駅ビルコンサート
  • 宝島/洗足学園音楽大学フレッシュマンウインドアンサンブル2016

    • 作品中と同様のバリトンサックスソロで
  • 学園天国/洗足学園音楽大学フレッシュマンウインドアンサンブル2016

  • トークコーナー

    • 櫻井さんが指揮台に上る
  • 三日月の舞/洗足学園音楽大学フレッシュマンウインドアンサンブル2016

  • DREAM SOLISTER/true with 洗足学園音楽大学フレッシュマンウインドアンサンブル2016

  • サウンドスケープ/true with 洗足学園音楽大学フレッシュマンウインドアンサンブル2016

  • ビバーチェ/北宇治カルテット

  • tutti/北宇治カルテット

告知

  • 昼の回: 2017年6月に北宇治でイベント
  • 夜の回: 劇場版2作目の製作発表(TVシリーズまとめ)

感想

  • 朗読劇が面白かった
    • 鶏の唐揚げの話は面白かった。
  • trueさんが超本気モードで凄かった。
  • 黒沢ともよさんの涙にやられました。

Let's Encrypt を使った SSL 設定 for Amazon Linux

Qiitaとの同時投稿

qiita.com

SSLのサイトを作ってみたくなった

ちょっとした無償サービスを作るにあたって、Let’s Encrypt を使った SSL を試しに使ってみたくてやってみました。 環境は、Amazon Linux。

ざっくりとした手順

$ wget https://dl.eff.org/certbot-auto
$ chmod a+x certbot-auto
$ ./certbot-auto
(中略)
FATAL: Amazon Linux support is very experimental at present...
if you would like to work on improving it, please ensure you have backups
and then run this script again with the --debug flag!
Alternatively, you can install OS dependencies yourself and run this script
again with --no-bootstrap.

Amazon Linux は、–debug をつけろというのでつけました。

$ ./certbot-auto --debug
(中略)
The following errors were reported by the server:

Domain: XXX.XXX.jp
Type:   connection
Detail: Failed to connect to XXX.XXX.XXX.XXX:443 for tls-sni-01 challenge
(後略)

よくよく調べると以下に該当。

DVSNI challenge エラーの対処法 - Let's Encrypt 総合ポータル

セキュリティグループに、443を指定するのを忘れていたので指定して、コンソールからインスタンス再起動。

$ ./certbot-auto renew

インストールが終わったら、httpd を再起動。

$ sudo service httpd graceful

https でアクセスして完了を確認。

参考

letsencrypt.jp qiita.com

docs.aws.amazon.com

try! Swift 2017 in Tokyo に参加者&スタッフとして参加してきました

try! Swift 2017 in Tokyo

try! Swift 2017 in Tokyo に参加してきました。

www.tryswift.co

f:id:o_chicchi:20170325135333j:plain

スタッフとして、参加者として

日頃からお世話になっているSwift愛好会主催の七島さんから、ボランティアスタッフを募集する予定であるから、応募してはどうかとお誘いがあって、それであれば、参加者としてだけでなく、スタッフとして参加してみようかと思い、手を挙げてみました。

私は、本業では、iOS Developer ではないこともあり、それほど知り合いが多い訳でもないのでいい機会かなと思ったというのもありますし、汗を流すのもよいかなと。

当日は、配布物の準備や、会場設営のお手伝い、開場後は、主に受付で QRコードをひたすら読んだり、いろいろご案内させて頂いたりしました。行き届かないところがあって、いろいろご迷惑おかけした点もありましたが、楽しく活動できました。一緒に活動してくれた方々には感謝です。

ここ数年は、仕事でも英語の必要性が高くなってきているので英語学習を再開しているのですが、いろいろ思うことありますが、けっこう役立ちました。

セッション

スタッフしながら、セッションも聞いてました。興味をひかれたものをいくつか。

(1) 様々な場面でSwiftを使う/Yusuke Ito

Niwatakoさんの書き起こし niwatako.hatenablog.jp

Itoさん自身による記事 aial.shiroyagi.co.jp

私が一番興味をひかれたのは、これです。オープンソースで公開された Server Side Swift のお話。私、実は触ったことなくて試してみたいと思っていました。 特に、Raspberry Pi 上の i2c通信をどうするのか疑問に思っていた中で、このお話は非常に参考になりました。

あとは、質問でソフト中心のエンジニアが多いこともあって、Arduino と Raspberry Pi を混同されているなと思いました。 Arduinoは、1チップマイコンなのでOSという概念がないんですよね。OS がある Raspberry Pi の方がワンボードコンピューターだけど、OSを持っている点が違いますね。

After Party の時に、Itoさんと少しお話させて頂いて、電子回路のお話で盛り上がりました。オーディオを作るとか凄い方です。アナログ回路は、回路図だけで語れない部分があって難しいんですよね。自分も若干、知識を持ち合わせているのでとても話があいました。自分も、お話いただいた内容で何か製作できないか考えています。

(2) Client-Side Deep Learning/@shu233

堤さんによる補足記事 d.hatena.ne.jp

堤さんのセッション。Tensorflow で学習したモデルを iOS 上でもうごかせますよというお話でした。 ちょっとこれは、是非、作ってみたいと思いました。

(3) Swiftで堅牢なカラーシステムを構築する/Laura Ragone

Niwatakoさんの書き起こし niwatako.hatenablog.jp

自分もアプリを出しているなかで、カラーの管理は考えることが多かったです。特に、色覚の障害者に対する配慮は印象的でした。 日本の場合、配慮できていないケースが多いと思うので、文化の違いを感じる部分でした。

自分のアプリの中では、きちんとカラー管理できていないところは改善したいと思っていて、今後の課題に参考になりました。

(4) アプリを新次元に導く3DTouch

Niwatakoさんの書き起こし

niwatako.hatenablog.jp

3DTouchは、まだ対応機種も少ない、使いこなせる人も少ない、テスト手法が少ないということもあり、使い方のノウハウ共有は重要だと思いました。 今後、対応機種がどこまで増えるか分からないですが、一つの新しいインターフェースへのチャレンジも興味深かったです。

セッション全体を通して

自分は、iOS Developer が本業ではないこともあり、学習スピードが遅いことが悩みではあるのですが、もたもたしているうちに、どんどん進む技術の進展の速度には驚かされます。

基礎知識の不足、学習の必要性を実感しました。まずは、Swift の言語自体の知識を深めること、iOS周辺の知識をもっと深める必要性を実感しました。成果物ももっと増やしていきたいです。

あと、今回は応用例が多かった印象があります。明日から活用できることも多かったです。

ちゃんと全部復習しなければ…。

パーティ

スタッフだったこともあり、1日目の登壇者向けのパーティに参加させて頂いたり、アフターパーティにも参加させて頂いたりして、外国人の方々ともたくさん話しました。

日本人は、言葉がわからなくてもとても親切だと言ってくださる方が多くて嬉しかったです。

ハッカソン

devpost.com

Kaz Yoshikawa (@codelynx)さん、Yutaro Muta (@yutaro) さん、Artis Birzins(@artis)さん、Oleg Chernyshenko(@peyot)さん、Kohei Tabata (@nerd0geek1)さん、私という自分を除いては、レベルの高い方々の集まりでした。

以前から、顔見知りの Yoshikawaさん、Yutaroさん、Tabataさんのスキルの高さは前から当たり前のように知っていましたが、Oleg Chernyshenko(@peyot)さんは、Firebaseの話を聞いてすぐ理解して、ぱっと進めていくフットワークの軽さが凄くて、Artis Birzins(@artis)さんとは、資料作ったりとか、そういった部分でたくさん助けてもらいました。

自分の置かれている位置も分かってましたけど、もっと頑張ります。

今回の反省点と次回への抱負

(1) 理解不足が多かったです。Swiftをもっと自在に扱えるように、知識を深める。

(2) 英語をもっと話せるように、特に正確なリスニング、即答力が課題と思いました。

(3) 可能なら、来年もお手伝いします!

感想と余談

一番嬉しかったことは、「君はアフターパーティに来るのか」と話しかけてくれた外国人の方。「もちろん行きますよ」と答えたら、「またあとで会おう」と声をかけて頂いたことは、本当に嬉しかったです。 少し前まで、全然リスニングも満足にできなかった中で、少しでも理解できてちゃんと会話できたこともそう、参加者の方は意外に気さくに声かけてくれました。faselaneの開発者である Felix Krause さんもそうで、とても気さくで受付に現れて、バッジを頂いたり。

また、普段から、勉強会でお世話になっている人たちにたくさんに、ねぎらいの声かけていただいて、感謝しきりです。いつもありがとうございます。 一緒にボランティアとして活動した方々にも感謝です。あしでまといにならないようには頑張ったつもりです。また、一緒にやりましょう。

それと、受付一緒にやった、岸川さんの奥様。とても可愛らしく、ユニークな人でした。いろいろお世話になりました。ありがとうございました。

また、来年もお願いします!

niwatakoさんのリンクまとめ

niwatako.hatenablog.jp

派遣は辛いですよ

派遣という働き方

派遣のハケ子さんのTweetがパズっていたのでちょっとだけ。

昔不思議な派遣社員でした

私は、もうIT業界長いですが、思い起こせば、遠い昔は、タイムシートを何枚出すのかという(つまり、SES形式の請負を複数回発注されていた)末端で働いていたことがあります。今はうるさい多重請負契約ですね。

詳しく説明すると、間に派遣会社がありまして、そこから発注されていた仕事を当時の勤務先が請け負い、私を派遣していたという形です。 さらに、常駐先が、その会社のお客様のお仕事と、他社のSES形式の仕事を受けた仕事をするという、なんとも複雑な契約状況で働いていたことがありました。

いろいろあるにせよ、常駐先の上長の方には、大変お世話になって、こんな自分を上手く操縦してくれましたが、派遣会社さんは、契約当初、一度、ご挨拶しただけでそれ以降、一度も私にご機嫌伺いもなかったんですね。

その中で当時の勤務先(自社)にかけあって、カンファレンスに参加する許可を頂いて、費用も負担していただいたことがあるのですが、その勤務時間のことで、その派遣会社さんと揉めました。

時間契約なので、カンファレンスに参加したことで、最低時間を超えていないので、減額になるのを避けたいので、仕事に関係するなら勤務時間に計上して欲しいをいう注文をつけてきたことがありました。

参加費用といった経費負担しない会社が文句を言うのは筋が違うと、私が激怒して、派遣会社さんを介さない契約に変更になったことがあります。面倒な人は避けたという。

私が、自分の会社の上司や営業さんの説得にも誰がなんと言おうとロジックがおかしすぎて、頑として譲らなかったことが原因ですね。 ご機嫌伺いにも来ない、担当さんの連絡先も知らないですから、そもそも調整のしようがないという(笑)

当時、勤務していた会社は倒産してなくなっているのですが、今の勤務先にいろいろあって在籍しております。拾う神もいるってことです。 でも、相変わらず、適当に自由に仕事したい人なので、よく未だにサラリーマンしているなと思っています。

結局のところ

派遣労働の自由化や、100時間の残業規制など話題はいろいろですが、根本はただ一つ。

働く人は人間なんで、もうちょっと考えろよ…に尽きます。最低限の礼儀を尽くしてくれれば、誰も怒りませんって。 子供のいじめじゃないんだから。各々が、他人を尊重する、ちょっと気を遣う、それだけでいいのです。

それを無視する人たちが多いから、起こらなくて済むことが起こるんです。

ただ、最近は、搾取的なことをされた上での労働は気になりますね。IT業界にも蔓延してます。弊社としても例外ではないと個人的には思います。

仕事での内容の議論とか、仕様やコードの議論は必要なことなので、それとは別次元ですよ。念のため。 感情論と一緒にする人、未だに多いのが意味がわからん。

ということで、大変ですが、戦って下さい。一番は、自分のために。あとは、頑張って働いている人の為にも。

GEEK GARAGE iOS vol1

f:id:o_chicchi:20170225151551j:plain

GEEK GARAGE iOS vol1

下記の勉強会に参加してきました。

geekgarage.connpass.com

場所

MAMORIO という会社のスペースをお借りしての開催でした。 主催の佐藤剛士さんが、この2月から参加されたことが理由のようです。

MAMORIOは、面白いアプリなので使ってみること推奨です。

www.mamorio.jp

挨拶

主催の佐藤剛士さんから。MAMORIO代表のの増木さんからの了解ももらえたので、iOS 開発のTipsの共有を中心に今後やっていきたいとのこと。 定期的に開催していきたいとのことでした。

UIトレース会もよく参加させていただいていたので、都合つけばできるだけ参加したいと思っています。

みんな使おう! AWS Device Farm

  • 発表者 佐藤剛士さん@mamorio.com

AWSの利用したテストの効率化の話。UITestを書いて、実際、業務で使っているとのこと。 Fastlane と絡めて、使えたら面白いなぁと妄想しました。

テストコードの書き方について、tamaki さんとやりとりされていたところは、私には勉強になりました。

ぼくがかんがえたさいきょうのIoTゲートウェイについて

  • 発表者 髙野さん@mamorio.com

MAMORIOの仕組みや、現状の課題、そして、IoTGateway に関する未来について話されていました。 現状、利用しているハードウェアでは課題が多く、どこか作ってくれないかとう話でした。

懇親会でも少しお話させて頂いたのですが、現状、IoT Gateway を作ったときのビジネス上の問題点は多いなと思いました。

ENJOY BREAKPOINT

  • 発表者 玉城さん@origami.com

ブレイクポイントの話。自分は活用できてないです。

懇親会

f:id:o_chicchi:20170225151545j:plain

懇親会は、mamorioらしく、iOS の話あり、IoT の話ありでした。MAMORIOも、代表の増木さんの話も面白かったです。

MAMORIO

個人的に、このビジネスソリューション、とっても期待しています。

デバイスはここから買いましょう。販売代理店、決まっているそうなので、販売元に注意です。

本体アプリ

  • iOS

MAMORIO

MAMORIO

  • OTOSHIMONO.COM
  • Lifestyle
  • Free
itunes.apple.com

  • Android

play.google.com

アンテナになるアプリもあり、これを自宅に置きっぱなしの端末にいれれば、自宅にあることを検出できるので良いかもです。早速導入しました。

  • iOS

MAMORIOアンテナ

MAMORIOアンテナ

  • OTOSHIMONO.COM
  • Lifestyle
  • Free
itunes.apple.com

  • Android

play.google.com

補足

電池交換できるとのこと。

MAMORIO BLOG — 新パッケージ版販売のお知らせと電池交換方法の変更のお知らせ

Copyright © 2002-2015 まりぱらおーぐ All Rights Reserved.